優しい薔薇の咲く庭を作りたい

原発を無くして自然が安心できる国に戻したい。

庭の様子

雑18204かわDSC_0425aa
実生苗をゴロゴロ植えまくっている庭には草花がとても少ないです。

早く咲いてくれるクリスマスローズが咲き始め、

雑18204かわDSC_0420aa
貝母百合の芽が出てきました。
クルリと曲がっている葉を見てウットリ出来るのももう直ぐ、

雑18204かわDSC_0116aa
スノードロップが小さな花を咲かぜて、

雑18204かわDSC_0390aa
2月は鳥が大変なので、

雑18204かわDSC_0433aa
ピーナッツリースを3個作って、
シジュウカラが来てくれるのを楽しんでいます。

雑18204かわDSC_0414aa
12月に切ったバラでドライフラワーを作り、
4月までこの花で癒され、

毎年同じ地味な2月の庭の変化で幸せに成ります。


  1. 2018/02/13(火) 11:00:29|
  2. 草花やその他
  3. | コメント:0

バラの名札

5ルブス171214川越DSC_0376aa
気に入る名札を探していました、
少し大きいですが昨年やっと見つけて、
1年間をぶら下げていましたが劣化しないので使うことに決定~~~

目立たない名札を目指して深緑に塗りました。

削って見たら木の粉を固めて作って有りました。
木で自然に作られた物が希望ですが、我慢です。

名札171214川越DSC_0469aa
最初に・・・・頂いたバラの名札作り、
くださった方の名前も一緒に書きこみました。
30本近くも有りびっくりです 感謝。

くださった方とお知り合いに成らなければ、
このバラは家で育っていないだな~~としみじみします。

名札171214川越DSC_0514aa
今まで使っていた名札です。
気に入っていたのですが、
年々木が薄く黒く成り字が読みにくく成ります。
それで追加を買おうと又行ったらもう無いと言われ困っていました。

上の黄色い状態が新品で、
下の名札が古くなったものです。

モッコウ171011川DSC_0339aa
ロサ バンクシアエ ノルマリス

毎年黄緑の実を楽しんでいました。
育てているバラの中で一番小さくまん丸いです。

1ノルマリス171214川越DSC_0527aa
天候のせいなのか初めて少しだけ色づいてくれました。

小さくて色の具合も可愛らしく嬉しい~~~

2だヴぉこも171214川越DSC_0531aa
ダヴィディ

実を少し残してあります。
干し柿状態で・・・・
寒い中見るシワシワの実も良いですよ~~
  1. 2017/12/17(日) 09:57:34|
  2. 草花やその他
  3. | コメント:0

バラの実のクリスマスツリー

クリスマス171206川後DSC_0532aa
まん丸い実のルブスでツリーを飾ってみました。

クリスマス171206川後DSC_0506aa
7年以上も前に花鳥渓谷で集めた、
ドイツトウヒや小さ目な松ぼっくりや、
(ヒマラヤスギの実かなと思っています)
すみごんさんから頂いたムクロジの実などを飾り、

クリスマス171206川後DSC_0505aa
花鳥に行く時に八戸駅で買った蜜蝋で作られたロウソクを一緒に、
野ばらの実は足元に、

クリスマス171206川後DSC_0501aa
大事な松ぼっくりとバラの実のクリスマスツリー
完成~~~

バラの実も好きなんですが木の実も好きなので満足満足
松ぼっくりの良い利用方法を思いついて幸せ~~~
  1. 2017/12/15(金) 09:48:23|
  2. 草花やその他
  3. | コメント:2

消しゴムハンコ

171116のんのんDSC_0228aa (1)
嬉しい頂き物をしてしまいました。
左が消しゴムハンコで右が押したものです。

実の形も色合いも素敵です~~~

171116のんのんDSC_0228aa (2)
一つ一つ実の特徴を細かく観察なさって彫られています。

171116のんのんDSC_0218aa (1)
托葉の有る葉、
色づいた時のガクの動き色合い、

171116のんのんDSC_0218aa (2)
(棘のある実は花鳥のダヴィディかな?)
ほっそりした実にトゲトゲが有り、
花枝には線毛のようなつぶつぶが有り、

171116のんのんDSC_0217aa (2)
(ほっそりしてつるんとしてるので富士山のタカネかな?)
色の塗り方も本物の様に自然にぼかして、

171116のんのんDSC_0217aa (1)
(大きくプックリしていてモエシー系かな?)
消しゴムはんこでこんなに繊細な作品が出来るなんて、
ただただ 驚きました。
和紙のような紙に押されていたので雰囲気が素敵です。

トゲトゲは後から小さなハンコを押すように,
別に作って有り凄いと思いました。

以前消しゴムハンコ作ったことが有るのですが、
幼稚な物しか出来ずに辞めてしまった事が有ります。

丁寧な観察それを絵にする技術素晴らしいと思います。
センスとアイデアですよね~~~

実が大好きな私は見ているだけでウットリします。

のんのんさんありがとうございます。
大事に使います。

  1. 2017/11/17(金) 10:17:34|
  2. 草花やその他
  3. | コメント:2

バラの実生苗を頂きました。

お友達から又可愛い実生苗を送っていただきました。

ノバラ160427コマDSC_0580a
野ばら蕾が付いています。
細い花枝です。

ノバラ160427コマDSC_0549a
小さな房、

ノバラ160427コマDSC_0547a
曲線を描く枝、

ノバラ160427コマDSC_0583a
薄い葉。
私の好みの野ばらです。
開花が楽しみ~~~
嬉しい。

セントウソう160427コマDSC_0544a
セントウソウが好きで一面セントウソウにしようと、
小さな苗を3年地道に大きく育てていたのですが、
沢山送ってくれました。
ダヴィディの足元に植えようと思います。

スザンヌ160427コマDSC_0552a
肥後すみれ

何度育てても消えてしまう・・・
今度は鉢で育てようと思います。

ラクサ160427コマDSC_0565a
ラクサ

小さな苗を5本も育てているのに、
好きなバラなので同じかどうか見比べて育てたかったです。
可愛い葉。

スザンヌ160427コマDSC_0555a
スザンヌ

アルバセミ160427コマDSC_0569a
アルバ セミプレナ

アドレードドルレアンDSC_0573a
アデレード ドルレアン

マリージェンヌ160427コマDSC_0561a
マリー ジェンヌ

ノバラ160427コマDSC_0585a
集合写真。

デュメトryムDSC_0577a
クリスマスローズ

こもれびさんの育てられているクリスマスローズは皆素敵なので、
開花が楽しみです。
3年後かな??

実生苗の葉がきれいで可愛いので、
ニコニコしてしまいます。

今度埼玉にセントウソウを抱えて行きます。
来年の春が楽しみです。
いきなり夢が叶いました。

こもれびさんありがとうございました。
肥後すみれやセントウソウの事を知っていてくれた事が嬉しかったです。
  1. 2016/04/28(木) 23:48:21|
  2. 草花やその他
  3. | コメント:2

郷家さんデザインの布

エプロン151216川越DSC_0502
花鳥渓谷でお世話になった郷家さんデザインの、
おしゃれな布を大事に持っていたので、
巻きスカート型のエプロンを作ってみました。

この布はバラの柄で色も大好きです。

エプロン151209川越DSC_0296
ひもの無いエプロンが欲しいと思っていのでこの形にしたのですが、
使いやすかったので調子に乗って郷家エプロンを何枚も作りました。

エプロン151216川越DSC_0508
首にタオル、
夏でも冬でも虫が服の間に入らないように必需品。
クリップはお魚の形で気に入っています。

これが畑での作業スタイル。

自分で作ったものを使うのは幸せな気持ちになります。

  1. 2015/12/19(土) 13:50:39|
  2. 草花やその他
  3. | コメント:4

ラズベリー

収穫151209川越DSC_0283
収穫出来ました。

地下茎で好きな所から出てくる新しい枝に実が生るので、
少々困っています。
それでも春と秋に収穫できるので、
予定外の所で伸びる枝も大事にしています。
  1. 2015/12/12(土) 07:29:13|
  2. 草花やその他
  3. | コメント:0

今週は頑張りました。

ビワ151209川越DSC_0368
お隣さんのこぼれ種で育ったビワの木が2本、
3mになりました。

ノコギリで幹を少し切って木を倒し杭で固定して作るイギリスの生垣を見習って、
ノコギリで半分切り込みを入れて、
幹の太さが5cmでまだ若い木だから、
力をこめて木を押したら簡単に倒すことが出来ました。

木の高さは1mこの高さなら手入れができます。

ビワ151209川越DSC_0370
後は枯れずに育つのを祈ります。
大寒の頃に葉を収穫しビワの葉酒を毎年作りたいです。

ビワの葉の殺菌力は素晴らしくて、
イラガに触った時の激い痛みも20分で治ります。

オッコウ151209川越DSC_0380
ロサ バンクシアエ ノルマリス(淡いクリーム色で咲くタイプ)

育てて5年以上過ぎましたが花数はわずかなのに、
元気なシュートが何本も3m以上伸びて、
毎年その整理に追われています。
育てるのをあきらめようかとくじけていたのですが、
枝ぶりの繊細さが魅力で全部切ることが出来ませんでした。
何本も有った枝をバサバサと切り1本だけ残して育てて見ることにしました。

この枝が残した枝です。
すっかり小さくなってしまいました。
花が咲いてくれますように。

ノノカ151209川越DSC_0374
野の花

ノノカ151209川越DSC_0308
今年は温かいのでまだ花が楽しめています。

ノノカ151209川越DSC_0307
秋はピンク色が強くて春とはまた違ったバラのようです。
  1. 2015/12/10(木) 20:01:10|
  2. 草花やその他
  3. | コメント:0

バラの実を頂きました。

関東では見ることが出来ない、
貴重なバラの実を眺めてうっとり。

実を半分に切って記念写真。

ルイリーDSC_0237  
ルイリール

小さ目な花なのに実が立派です。
紫の綺麗な色。
                     
ペンDSC_0226
ロサ ペンデュリーナ

ピンピDSC_0243
ロサ ピンピネリフォリア

ヒリエリDSC_0220
モエシー ヒリエリ

良いですね~~
家では毎年夏に白い実で落ちてしまいます。

フェンDSC_0223
フェンヤ

ガクの所に緑色が残っていて綺麗。
モエシー系の実はごつい実が有りますが、
この実は優しい感じで、
種が1個づつ入っているのが良いな。

ガザンDSC_0229
ガザンリク

この実も種が一つしか入っていません。

DSC_0241.jpg
ジャクリーヌデュプレ

実を好きになって素敵な実は悲しいことに、
暖かな関東では楽しめない事に気が付きました。

記念に種のアップも写してみました。
 ルイリーDSC_0356
ルイリール

種がピンク色で綺麗~~~
                  
 ペンDSC_0368
ロサ ペンデュリーナ

面長な種です。
                    
 ピンピDSC_0354
ロサ ピンピネリフォーリア

黒い実の中から紫色の種がでてきました。
                       
フェンDSC_0366
フェンヤ

ヒリエリDSC_0360
モエシー ヒリエリ

フェンヤとよく似ています。

ガザンDSC_0374
ガザンリク

実は細長いのに丸い種です。
この実も一つしか種が入っていない物が有ります。


それぞれの実が綺麗でこの実が生っている秋のお庭は素敵でしょうね。
寒い地方に住まなければ見ることの出来ない風景です。

種を蒔いて関東育ちの強いバラを育てようと密かに計画しています。
何時か関東でもこの実を楽しめたら嬉しいです。
特にヒリエリとルイリールが難しいです。
ロサグリーンさんありがとうございました。

  1. 2015/10/22(木) 21:31:06|
  2. 草花やその他
  3. | コメント:2

白馬の花・・・・・・4

山DSC_0537 (5)
こんな急な道をのぼりました。

リフトで行けるたかねに会える山を探して行くのですが、
立山も白馬もそう甘くは無かったです。

立山は一の越から先の下り坂が急すぎて途中で進むのをあきらめ、
昨年は白馬は20日頃行ったので花が終わっていました。

山DSC_0537 (4)
杓子岳

ガイドには遊歩道とか楽に八方池に行けるとか書いてありますが、
私にしたらとんでもない山道です。
駅の階段さえ膝が痛むのに、
無鉄砲だから2年続けて登りました。

3年目でやっと自生地のバラに会えました~~~

山DSC_0537 (3)
白馬槍ヶ岳

大変な坂道も横に山が見えていると幸せ。

 コバイケイソウDSC_0338
                       コバイケイソウDSC_0330
コバイケイソウ(ユリ科)小梅蕙草

毎年見ているので、
会えると懐かしい気持ちになりました。

ワタシゲDSC_0436
わたすげ(カヤツリグサ科)綿管

前日の雨でアップは無理でした。

はっぽうかみねウスユキソウDSC_0382
はっぽううすゆきそう(キク科)八方薄雪草

なかなか可愛い。

むしとりスミレDSC_0527
むしとりすみれ(タヌキモ科)虫取菫

つまとりそう_0424
つまとりそう(さくらそう科)端取草


カラマツソウDSC_0351
カラマツソウ(キンポウゲ科)唐松草

えぞしおがま_0396
えぞしおがま(ごまのはぐさ科)蝦夷塩竈

イワカガミDSC_0452
いわかがみ(イワウメ科)岩鏡

たてやま、はるリンドウDSC_0371
たてやまりんどう(りんどう科)立山竜胆

しろはなにがなニゲラDSC_0274
しろはなにがなキク科)白花苦菜

てがたちどり_0414
てがたちどり(ラン科)手形千鳥

ちんぐるま_0441
ちんぐるま(バラ科)稚児車

ちゃぼぜきしょう_0519
ちゃぼぜきしょう(ユリ科)矮鶏石菖


ユキワリソウDSC_0450
ゆきわりそう(サクラソウ科)雪割草

昨年初めて10cmほどの花を見て可愛らしかったので、
楽しみにしていたのですが、
時期が違ったみたいで今年は少なかったです。


ほそばつめくさ_0517
ほそばつめくさ(ナデシコ科)細葉爪草

たかねにひかれて山に行くのですが、
普段見ることのできない草花や風景を3年も見ていると、
7月に山の空気が吸いたいと思うようになっています。
  1. 2015/07/09(木) 11:49:18|
  2. 草花やその他
  3. | コメント:0
次のページ