優しい薔薇の咲く庭を作りたい

原発を無くして自然が安心できる国に戻したい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東京の蔓ばら

a
4月25日

今年は開花が遅い・・・・

a

a


4月27日
いつもより20日も遅い開花。


z
5月2日
ブルノニーの葉の中でパークスがいきなり満開に、
ルテスケンスは埋もれて今年は花が少なくなりました。

a
5月3日

左側でもノルマリスが咲きました。
2階部分です。

a
下は枝先が垂れて・・・・
草笛に行かなくても家でノルマリスが楽しめるようになりました。

秋にはここに可愛い実が成ることを想像すると、嬉しいです。


昨年からパークスが元気な途中シュートをドンドン出してそのまま放置したら
こんな状態になってしまいました。

風に揺れる枝が好き、
そんな気持ちで2階の外階段の手すりから長い枝を垂らしたら、
風に吹かれて絡み合ってしまいました。

10年近く育てていると枝も太くなり重くなったので、
剪定しなくてはいけないと思っていたのですが、
どんな風に育てたいのか自分が見えなかったので、
そのままに・・・・・・

咲いたバラを見ていて、
ノルマリスとブルノニー2本を大きく育てようと閃き、
ルテスケンスとパークスの枝数を少なくする事にしました。

やっぱり白いバラの一重を選んでしまう。
パークスもルテスケンスも葉は綺麗なのですが、
ブルノニーの葉の魅力に負けた感じです。

花が終わったら 剪定ガンバロー~~~~

狭いスペースですがバラの事をあれこれ考える事が出来るのが嬉しい。



関連記事

テーマ:バラが好き! - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/05/03(木) 08:12:27|
  2. 育ててるバラ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。