優しい薔薇の咲く庭を作りたい

原発を無くして自然が安心できる国に戻したい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

育成場にロサ バンクシアエ ノルマリスが咲いていました。

DSC_0353.jpg
モッコウは花に顔を近づけなくても風が良い香りを運んでくれます。

DSC_0379.jpg
右の咲いたばかりの花は雄蕊が白いのですが、
時間が経つと茶色に少しなります。

DSC_0376.jpg
雌蕊の朱色が濃いタイプも育てていたのですが、
花が一回り小さなこのモッコウだけにしました。
年を取ると大きく育つばらは何本もは無理になりました。

DSC_0391.jpg
可愛くて嬉しくてニコニコしてしまいます。

DSC_0388.jpg
伸びる枝を全部大事に育てたら、
大きくなって花付きも良くて、よかった~~~

DSC_0389.jpg
細い枝先に弱くて、
モッコウの周りでウロウロして作業が進みません。

バラが咲いてくれる1か月間は庭が荒れてしまいます。

淡い黄色のノルマリスは枝ぶりが好きなのに、
花付が悪くて悩んでいます。
昨年は珍しく肥料をあげたのに、今年も蕾が少ないです。

DSC_0319.jpg
グミの蕾が目立ってきました。
5mmほどの小さな実が生るとシジュウカラが喜んでくれます。

花鳥渓谷で生っていた実を食べて種を蒔きました。
このグミを見ると広い花鳥渓谷を思い出すので大事な樹です。

関連記事
  1. 2016/04/21(木) 17:04:55|
  2. 育ててるバラ
  3. | コメント:0
<<おおたかねばら(ロサグリーン) | ホーム | 東京の春>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。