優しい薔薇の咲く庭を作りたい

原発を無くして自然が安心できる国に戻したい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新芽の色を見て

シャングルに10日ぶりに手入れに行きました。

元気ならモット通うのですが、
前回手入れに行った時にバキと音が聞こえて、
それ以来足の裏が腫れて歩くのが痛かったので、
少し用心して大人しくしていました。

骨折なんて1ヶ月で直ると高をくくっていたのですが、
もう高齢なのを忘れていました。
骨がなかなか付かない、
使いすぎです、反省・・・・

今回楽しかった事は新芽の色、

3
シーホーム(緑照り葉)とラペルル(赤)

白い薔薇なのにこんなに新芽の色が違う。
白薔薇で赤い新芽なんて以外です。

2
ノヴァ ゼンブラ(赤)とアグネス(黄緑)

ルゴサの新芽は赤い花でも緑色が多いのに、
淡いピンクのノヴァゼンブラは赤みがかった芽です。
ルゴサの血が少ないのかな?なんて思ったりしました。
そういえば花弁の質感がルゴサぽくないです。
棘は凄いですが・・・・

1
ツーヤン フェウ(緑の新芽)

庭の日当りはティーローズばかりで赤い新芽になれていたので、
赤い花のツーヤン フェウの緑色の新芽にビックリ。
この薔薇はブルボンなんだと新芽を見て思い出しました。
花はチャイナの雰囲気なのにね。

1
マダム エルンスト カルバ

珍しい色の新芽、紫がかっています。
樹高150cm、蕾も10個ほど育っています。

朝日が当たり日当りは良いのですが、
雨が当たらない場所なので、
育ちがいまひとつ悪いです。

土も掘り返し堆肥や腐葉土をしっかりすき込んだのに、
土が乾燥しやすくてグ~~ンと育ってくれません。
なんか萎縮したような葉です。
育ちが悪い場所って有るんですね。

救済移植しようかな、悩んでいる薔薇です。

1
マダム アルフレッド キャリエール

綺麗、ヤッパリ良いな~~~と見とれてしまいます。
花もフンワリした色なのですが、
秋の紅葉も素敵でした。
新芽もほっそりしていて、
透きとおるような淡い杏色で枝ぶりも華奢で良いです。

ただ不安がよぎります、
巨大化するキャリエールを細い枝ぶりにしようと、
剪定、ピンチ、枝数を減らすなどなど実験材料としてきたので、
この好きな細い芽が本来の姿なのか、
力がなくて蕾の付かない芽なのか分かりません。

太い枝は70cmまでで2mの樹高でしなやかな枝を広げています。
これで花が咲いてくれれば理想的なのですが、
不安が一杯です。

3
レーブ ドール

オレンジ色の新芽の数が多すぎなので、
計画として新芽をピンチして花数を半分にしよう、
昨年一度にたくさん咲いてその後の花数が少なかったので、
花の咲く時期を2回に分けようと計画をしていたのですが、

出来ませんでした。
芽が多すぎて何所から手をつけて良いのか、
分からなくなってしまいました。

良い考えだと思ったのですが・・・・

1
チューイン

こんなに綺麗な赤い色をした新芽は2本だけです。

1
ミセス タッドリー クロス

チューインと同じ薔薇ではないかと疑っているクロスの新芽も真っ赤です。

2
ヴィックス カプリ

日陰で育てているカプリに蕾を見つけました、
このガク長くて葉っぱのようで楽しい~~~

2
オンブレ パルフェ

ガリカ独特の細い茎と細かい棘。
好きなのですがなかなか大きく育ってくれません。

1
オンブレ パルフェ

小さく濃い緑の葉っぱも肉厚で好きなのですが、
色が薄いように思います。
日陰だからいけないのかな?悩みます。
秋に救済移植しなくてはいけないかも・・・・

1
ハンザ

大きく育てて花を食べようと計画中。
花びらをそのまま食べても美味しかったです。

1
クリスマスローズ

花が終わってもカップのまま、
緑色のカップで咲き続けています。
種で増やそうかな?

1
ヒメウズ

庭のあちこちで咲き始めました。
春の幸せ。
関連記事

テーマ:バラが好き! - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/04/01(木) 17:13:36|
  2. 育ててるバラ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。